クービック株式会社 熊井亜希さんのバッグ

熊井亜希さんって、こんな人

予約システム『Coubic(クービック)』を運営するクービック株式会社で、同社が運営する開業から集客までビジネスがもっと身近になるメディア『ビズシル』の編集長を務める熊井亜希さん。前職でも、IT業界の最新情報を提供するウェブメディア『しろくまnet』の編集長として活躍するなど、長くウェブメディアの運営に携わっています。しかし、そのキャリアを紐解くと、大手人材紹介会社での営業、商品企画が振り出し。その後の企画・編集職も含め、さまざまな職種での経験が、現職にも活かされていると話します。

そんな熊井さんは、29歳のときにご結婚。健康志向のご主人のため、結婚以来、お弁当づくりが日々の日課になっているそう。

「どうせなら楽しみながら作ろうと思って」と、始めたInstagramでは、熊井さんがつくるおいしそうなお弁当をはじめ、彩り豊かな手料理がズラリ。お休みの日は、ご主人とおいしいものを食べに出かけることもよくあるのだそう。

はじけるような笑顔がステキな熊井さんですが、バッグ&バッグの中身には、どんなこだわりがあるのでしょうか。

早速見せていただきましょう!

バッグについて

バッグのメーカー / ブランド、愛用歴

FURLA Julia Mサイズ 2way Satchel 愛用歴 約1年

 選んだ理由

仕事では、これまで取材に出かけることが多く、パソコン+一眼レフを持って移動する必要があったことからリュックサックを使っていました。ただ最近は、遠方の取材が増え、現地に出向くよりも電話取材で対応することが多くなってきたことから、仕事でもプライベートでも使える、自分が持ちたいと思うバッグにシフト。とはいえ、荷物は多いほうなので、収納力がありつつ肩がけもできるバッグを選びました。

 お気に入りのポイント

・季節に関係なく使用できるところ
・肩がけにもなるところ
・ポーチ、定期入れもFURLA なので統一感があるところ
・意外と荷物がたくさん入るところ

バッグの中身について

(左上から時計まわりに)ハンドクリーム(WELEDA)、お守り、ロングウォレット(Louis Vuitton)、化粧ポーチ(FURLA)、パスケース、一眼レフカメラ(Nicomn、iPad、ハンドタオル、キーホルダー

that’s on a must INSIDEBAG

1.化粧ポーチ

バッグと同じFURLAの化粧ポーチは、やさしいダスティピンクのカラーがお気に入り。なかには、真っ赤なリップ、ヘアコーム、ホットまつげカーラー、ジョーマローンのフレグランスを入れています。
仕事に行くとき、人に会うときは、モチベーションアップのために真っ赤なリップをつけるのが、マイルール。そして、外出後は、髪も乱れ、下がりやすいまつげがさらに下がるので、コーム(MARKS&WEBのメープルヘアコームは静電気が起こらない優れもの!)とホットまつげカーラーも必須アイテムです。ジョーマローンのフレグランスは、主人にプレゼントした際、自分にも購入したものです。主人の香りとわたしの香りが合わさると、すっごくよい香りになるんですよ!

2.iPad

編集やライティングをする職種柄、持ち運べてなおかつタイピングも問題なくできるものが欲しいと思って購入しました。パソコンほど色々なことはできませんが、便利で重宝しています。

3.ハンドクリーム

ナチュラル・オーガニックブランドWELEDAのハンドクリームを使用しています。基礎化粧品などもオーガニック系のものを使用していますが、WELEDAは赤ちゃんから大人まで使える安心のブランド。こちらのアーモンドクリームは、ほのかに香るサクラがお気に入り。


一つひとつの持ち物に、自分なりのこだわりをしっかり持っている熊井さん。バッグも個性的でとてもステキでした。

熊井亜希さん、ご紹介ありがとうございました!

熊井亜希さんをもっと知るなら

予約システム「Coubic(クービック)」: https://coubic.com/?hl=ja

開業から集客までビジネスがもっと身近になるメディア「ビズシル」: https://blog.coubic.com/